本文へスキップ

Nara Kendo Federation

奈良県剣道連盟のシンボルマークについて


このデザインは、正面に大きく県花である “八重桜” を配置し、奈良県である事を強調しました。
両脇にある曲線は、竹刀を大きく振り下ろした残像を形にして、若草山の若草色でイメージしました。
また、この曲線が両脇に交わるようにあるのは、剣道を通じて相互理解をし、人間形成を知る事を意味する「交剣知愛」を意味しています。
同じく、曲線は「生涯剣道」をも意味し、少年期は細く、晩年期を太くイメージしました。


                                           作成者 八ツ本剛史






content